イラスト向きなのはどっち?iPadと液タブのメリット・デメリット

イラストや漫画などを描く人にとって、液タブは必需品となっています。

そんな中、iPadとApple Pencilがあれば、液タブ代わりに利用できると話題になっています。

専用の液タブとiPad&Apple Pencilなら、どちらが使いやすいのか、メリットやデメリットを比較してみましょう。

iPadとApple Pencilのメリット

iPadとApple Pencilを組み合わせて、液タブ代わりに使う時のメリットを紹介しましょう。

描いているところを動画にできる

iPadには録画できる機能が付いていますから、絵を描いている作業中の様子を動画として残すことができます。

後から見返せば勉強にもなりますし、短めに動画を編集すればブログやSNSなどにアップすることもできます。

上級者のイラストレーターなどからアドバイスもらえることもありますし、ファンの人が喜んでくれます。

液タブでこれをやろうとするとなかなか大変な作業になりますが、iPadなら簡単にできてしまいます。

主要なイラスト系ソフトと連携できる

クリスタなどの主要なアプリなども簡単に連携できて、使い慣れた環境でイラストを描いたり編集できます。

メモアプリとの相性もいいですし、サラサラと紙に描いているような感覚で使用できます。

Apple Pencilの性能が抜群で使いやすい

Apple Pencilの性能が優れていて、まさに普通の鉛筆感覚で使えます。

ペン先が磨耗しても替え芯が1つ添付されていますから、取り替えてずっと使い続けられます。

重さや長さも手にフィットしますし、反応速度も早くて直感的に絵を描いていけます。

筆圧の精度も高いですし、傾きの機能も優れています。

好みの保護フィルムを選べば、ペン先がいい感じに引っかかりやすくなります。

iPadとApple Pencilのデメリット

iPadとApple Pencilはメリットばかりではありません。

防水機能はありませんから、取り扱いには十分注意しないといけません。

液タブよりも精度が高い分、振動などの衝撃にも若干弱いです。

偶然手が当たっただけでも反応してしまって、イラストなどに余計な線が描かれてしまうことがあります。

機能が優れている分、重さと大きさはそこそこありますから、持ち運びするなら多少不便を感じる場合があります。

筆圧感知や傾き感知などは、やはり液タブの方が優れています。

液タブのメリット

液タブにはデメリットもありますから、あらかじめ知っておきましょう。

ペンの性能はApple Pencilより高い

鉛筆感覚で使えるApple Pencilですが、やはり液タブのペンには及ばない部分があります。

ペンに操作できるようなボタンが付いていますし、グリップなども握りやすいように工夫されています。

ペンにタイプにもよりますが、消しゴムのような機能が搭載されているものもあります。

反応速度も早いですし、アナログで描いているような感覚がほしい人におすすめです。

Apple Pencilはシンプルで描くことに特化されていて、特別な機能などはありません。

大きさや重さが軽くて便利

重さや大きさが軽いですから、場所を選ばずに使えます。

長時間使っていても疲れることがなく、持ち運びにも便利です。

複数のソフトを起ち上げて操作できる

パソコンは別にありますから、色んなソフトをパソコン側で起ち上げて使っていても動作が遅くなる心配がありません。

パソコンの性能に依存しますから、スペックの高いパソコンを使っていれば重たい作品を描いている時でもスイスイ操作できてしまいます。

利用するソフトもパソコンで使えるものなら何でもOKですから、一度に複数の作業もできます。

色んな使い方ができますから、自由度が高いです。

液タブのデメリット

液タブは単体では使用できずパソコンが必要です。

パソコンにつなげて使いますから、操作には制限が付いてきます。

また、スペックの低いパソコンを使っていると、途中で重たくなったりフリーズして描いていたイラストが消えてしまうリスクもあります。

何かを描くという作業に特化していますから、別の使い方は難しいです。

液タブを最大限生かせる高スペックPCのすすめ

繊細なイラストなどをじっくりと描くなら、やはり液タブの方が向いています。

重たいソフトを起動してもフリーズしないように、液タブの性能だけでなくパソコンの性能にもこだわりましょう。

CPUやメモリ、グラフィックボードなど、3Dを扱ってもサクサク動く程度のスペックは必要です。

高画質な4K対応の液タブを使っているなら、パソコンも専用端子付きのものを選びましょう。

また、端子だけでなくケーブルも4K対応のものでないと、動作が遅くなってしまいます。

描いている時にストレスを感じてしまいますから、端子と共にケーブルにも一緒に使いましょう。

まとめ

iPadとApple Pencilの組み合わせがいいか、液タブがいいかはその人の使い方次第です。

パソコンいらずで多少重たくてもいいなら前者ですし、自宅で繊細なイラストや漫画をじっくり描きたいなら後者です。

それぞれのメリットやデメリットを知った上で、検討してみましょう。